代表あいさつ

代表取締役 松田 顕
早稲田大学高等学院を経て、早稲田大学理工学部経営システム工学科を卒業。新卒としてHMVジャパン株式会社に入社。新規事業担当となり販売管理システムの全店舗導入、オンラインショップ構築といったシステム関連のプロジェクトに携わる。その後ソフトウェア会社に転職、WEBアプリケーション、在庫管理システムの設計/開発/管理の技術を磨き、2000年7月に独立。フリープログラマーとしてポータルサイト構築、大規模データベース運用管理、販促物受発注WEBシステム開発を行った。2003年3月に事業を法人化し有限会社ワンダーウォールを設立。
1990年代中頃にインターネットの登場してから20年近い年月が経ちました。この間、世界中の様々な分野において劇的な変化が起きました。

それ以前は自動車産業に代表されるような、大規模な設備投資を行い、大量の人員を雇用し、大きな資本を投じた企業が影響力をもち世界をリードしてきました。
インターネットが登場した後は、それ以前の産業と比べると比較的設備投資も従業員数も資本力もより少ないかたちで、しかし大きな影響力をもった企業を次々に誕生しています。

これはひとえにインターネット、ICT技術の活用によってもらたされた、これまでとは比較にならないほどの知識情報の集約、コニュニケーションの量・質の改善、そしてそれらによって達成された生産性の向上の賜物だといえます。ここ数年でこれらの事象は「クラウド」という言葉に集約され新たなタームとして認識されてきています。

当社は、このクラウドによってもたらされる様々な恩恵を広く、とりわけ中規模、小規模の企業に対して拡めていきたいと考えています。

さらに、クラウドは人々の働き方を変えつつあります。クラウドによる生産性の向上により、ひとりが処理できる業務が大幅に拡がり、個人もしくは小規模の企業が増加しつつあり、コワーキング(Coworking)というムーブメントに代表されるように、働く時間やスタイルにも多くのバリエーションが生まれつつあります。当社は、このコワーキングの国内での普及を積極的にサポートしています。

このクラウドとコワーキングを大きなふたつの柱として、ワンダーウォールは事業を展開してまいります。

今後も一層のご期待とご指導を賜りますようお願い申し上げます。
このページの先頭へ
有限会社ワンダーウォールは随時ビジネスパートナーの募集に取り組んでいます。